6月 21

ひまわり苗植え

ひまわりの苗を植えました。

 

 

NPO法人「チームふくしま」が東日本大震災の被災地・福島復興のために取り組んでいる

「福島ひまわり里親プロジェクト」という活動で、賛同者がひまわりの里親となり、

プロジェクトから購入した種で花を咲かせ、採取した種をプロジェクトに返送するという

取組です。プロジェクトで、風化対策や雇用、観光に役立てられているそうです。

 

 

島田中学校がプロジェクトに参加するのは、今年で7年目になります。

県道沿いのブロック花壇に今年もたくさんのひまわりを咲かせるためにがんばっています!

6月 18

ふれあい促進事業

2年生が「ふれあい促進事業」を行いました。

これは2年生の生徒が、障害のある人や支援者の方々と交流することを通じて、相互に人権と

個性を尊重して理解しあうことで、共生社会のあり方を考える事業です。

はじめに、障害福祉係の職員の方から、「障害とは何か」というテーマについての講話を

いただきました。

その後、グループに分かれ、障害のある人や支援者の方々と話をする中で、「共生」の

意味について考えました。時間が経つにつれ、距離が縮まっていくようすが見られました。

   

最後に、2年生の代表生徒がお礼の言葉を述べ、生徒全員で「ありがとうございました」と

あいさつをしました。

これをきっかけに、「障害」という言葉のない共生社会のあり方について、ぜひ考えて

もらえたらと思います。

6月 15

生徒総会

生徒総会を行いました。

 

 

今年度の生徒会スローガン「島中維新」にこめた思いや、年間活動計画、決算報告などが

発表されました。

 

また、「花の日」にご協力いただいた学校支援ボランティアの方々に、生徒を代表して

美化委員長がお礼の言葉を述べました。

 

その後、今年度の議案である「島田川っ子×専門委員会コラボプラン」についての

話し合いが行われました。さまざまな生徒から質問や改善案が挙がり、積極的な討論に

なりました。

   

生徒総会で出たさまざまな意見をもとに、ふたたび専門委員会などで話し合われ、

「島田川っ子像」に近づくために、実現可能な範囲で、島田中学校の生徒として

何ができるかを決定していきます。

 

生徒会執行部、専門委員長、そして全校生徒のみなさん、おつかれさまでした!

6月 15

給食交流会

給食交流会を行いました。

本日6月15日は第1回目の花の日で、保護者や地域の方々から預かったたくさんの花を

生けてくださった学校支援ボランティアの方たちと、生徒・教職員が同じ食卓を囲んで

給食を食べました。

   

どのテーブルも世代間を越えて会話が弾み、楽しくおいしい給食を食べていました。

6月 15

第1回花の日

本日6月15日は、今年度の第1回目の花の日でした。

保護者や地域の方々のおかげで、 学校にたくさんの花が届けられました。

 

学校支援ボランティアの方々にご尽力いただき、その花をたくさんの花器に生けてもらいました。

 

生けた花は、学校中に飾られています。

色とりどりの花に囲まれて、学校が華やかになりました。

     

ご協力いただきました保護者や地域の皆様、たくさんの花を生けてくださいました

学校支援ボランティアの方々、本当にありがとうございました!

6月 14

ユニセフ募金

先日は、ユニセフ募金にご協力して頂き、ありがとうございました。

ユニセフ協会の方から、感謝状が届きました。

6月 13

いのちの授業

3年生を対象に「いのちの授業」を行いました。

光市子ども家庭課から2名の講師の先生方と、

山下ウィメンズクリニック助産師の髙杉敏子先生をお招きして、

「いのちのはじまり、いのちのつながり」の演題でご講話いただきました。

 

講話終了後、保健委員長が生徒代表あいさつとして、

「一人ひとりに与えられたいのちを大事にし、一日一日を大切に生きていきたいと思います。」

というお礼の言葉を述べていました。

いのちは一人にひとつしかありません。

3年生だけでなく、全校生徒のみなさんが、日々成長しながら楽しく過ごし、

幸せに生きていってもらいたいと願っています!

6月 13

第1回花の日(告知)

6月15日金曜日が今年度第1回目の花の日となっています。

毎年たくさんの花をもってきていただいて、学校内の雰囲気が明るくなっています。

今年度もご協力をよろしくお願いします!

6月 11

自由参観日のご案内

明日6月12日(火)の午後は、自由参観日です。

詳細につきましては、以下のリンクからご確認ください。

お誘いあわせの上、多数の方のご出席、心よりお待ち申し上げております。

H30 6月参観日詳細

 

 

 

6月 08

教育実習生 査定授業

2週間にわたり、島田中学校で教育実習を受けた2人の実習生が査定授業を行いました。

 

まずは、3時間目に2年1組で、阿部椋介先生が社会の授業を行いました。

「江戸幕府が対外政策において、貿易を振興することから鎖国体制に変化させた理由を考える

活動を通して、江戸幕府が約260年続いた要因を理解する」という内容の授業でした。

 

続いて、4時間目に2年2組で、和泉宏先生が英語の授業を行いました。

「have to と don’t have to を使って、実生活の【しなければいけないこと】と【する必要は

ないこと】を表現する」という内容の授業でした。

 

実習生の2人の先生方、教育実習おつかれさまでした!

教育実習という貴重な体験を、今後のそれぞれの人生や進路選択にぜひ生かされてください!