避難訓練

光地区消防組合消防職員の方をお招きして、避難訓練を実施しました。

今回は職員室前の給湯室からの出火を想定して、非常時の避難経路と安全で合理的な避難方法を確認し、防災に対する意識を高めました。

その後、消火訓練を行いました。

各学年男女1名ずつの生徒と2名の教職員が、消火器の操作手順を教わり、実際の消火に見立てた訓練をさせていただきました。

消防職員の方が、非常時にもっとも重要なことは「パニックにならないこと」だとおっしゃっていました。

日頃からこまめに訓練をしていても、いざというときにはパニックになりがちです。

ぜひ今日の教訓を生かして、万が一のときにも落ち着いて行動ができる心をもてるように心がけていきましょう!