GHP

GLOWING HEART PROJECT

 

 

7月14日㈭、GHP(思春期グローイング・ハート・プロジェクト)の一環として、スクールカウンセラーの長井 朋先生による授業がありました。筋弛緩法の実践もありました。一度、力を入れてから静かに力を抜くと効果的に脱力することができるそうです。心身共に健康に過ごすために、普段から「相談」することも大切であるとわかりました。「相談」は心の弱い人がすることではなく、どんな立場の人でも必要だと話されたことがとても印象的でした。自分のつらさをだれにも伝えられない場合もあるため、周囲の人が気付くようにしたい、とも話されました。是非、ご家庭でも話し合っていただきたい内容の学習でした。