情報モラル教室

昨日、情報モラル教室を実施しました。

講師の先生に大久保輝夫さんをお呼びして、最近のインターネット事情やスマートフォンの危険性についてお話いただきました。

生徒たちの日記には、

”一番印象に残ったのは、SNSは一度投稿したら、必ずどこかに残る”

”他人のテストの写真をSNSにのせるなどの、ちょっとしたことでも犯罪になることが印象に残った”

”自分が将来スマートフォンをもつときは、トラブルに気をつけていきたい”

”自分でスマートフォンの時間を決めて、使おうと改めて感じました”

など、身近な事例などが多く、生徒にとってとても印象に残る講演会になりました。

SNSの使いかたには、十分に気をつけていきましょう。