光市ふれあい促進事業!!

本日、5・6時間目に光市ふれあい促進事業が2年生を対象に行われました。

まず、はじめに市の福祉保健部福祉総務課障害福祉係の方より、障害のある人への理解についての講義がありました。

車いすの人の前に段差があったとき、その段差という障害を取り除く方法を考え、バリアフリーや支援について学びました。

その後、生徒は9グループに分かれ、障害のある方々とのグループワークを行いました。

知的障害、視覚障害、身体障害など、さまざまな障害のある方々の話を聞くことができました。

生徒の感想には、

「グループワークを通して障害をもつ方も、みんなと同じように生きているんだと改めてわかりました」

「不自由だから何もしないわけではなく、人生を楽しんでいることに驚きました。その姿を見習っていきたいです」

「共生社会は、人はみんな違うことを認めあい、それぞれの想いを尊重するものだと思いました」

など、多くの感想を振り返りに書いていました。

今回学んだことを活かし、障害の有無に関係ない社会のありかたを考えていけたらいいですね。

本日は、本当にありがとうございました。